長く住むならUVコーティングをしよう|原状回復要らずに

施工のやり直しは厳しい

空き部屋

失敗しないための業者選び

UVコーティングは耐久年数が長く、子供やペットなどがいて、床を傷める可能性が高い家庭では、床を守るために施工を考えている人も多いのではないでしょうか。このUVコーティングをすることにより、長期間綺麗な床を維持することにもつながりますし、毎日のお掃除も楽にすることができます。しかし、その高い密着性や耐久性から、施工に失敗してしまうとやり直しは厳しいものとなります。そのため、失敗をしないためにも、しっかりとした業者選びをしたいものです。業者選びでは、まずホームページを確認してみましょう。施工に自信がある会社ほど、細部まで説明がされているものです。施工の流れでも、施工前・施工後の写真だけでなく、途中過程の状況なども詳しく紹介している会社もあります。UVコーティングはコーティングの中でも高価な施工です。そのため、少しでも安いところを選ぶ人もいますが、安すぎる施工業者には注意が必要です。安い施工にはそれなりの理由があり、後で後悔することもあり、多少高くてもしっかりとした業者を選ぶ必要があります。コーティング作業では気温や湿度なども考慮した施工が必要になります。この細かな気配りもされたコーティングをしてもらうためには、やはり専門業者が安心感があります。UVコーティングの実績が豊富で、コーティングの専門業者であれば、後悔をするような仕上がりになることも少ないでしょう。床のコーティングはやり直しが難しい施工であることからも、後悔のない業者選びをしっかりとしましょう。

床

長期間効果が持続します

生活が欧米化したことで、日本でもフローリング材が使われることが一般的になりました。最初は綺麗なフローリングでも、使用することで傷が出てくるので、フロアコーティングを施工してもらうのがおすすめです。

フロアー

施行当日の流れ

フロアコーティングはまず、施術箇所の確認をする所から始まります。その後はコーティング剤がつかないよう、養生テープなどで保護します。準備が終わったら、コーティング剤を塗り乾燥させます。最終確認を行い、問題が無ければ終了です。

部屋

安心できる業者を選ぶ

フロアコーティングを業者に依頼する場合、いくつか選定ポイントがあります。まずは保証やアフターケアの有無です。この他に、見積書の金額と実際請求する金額に差が出ないかという点も、チェックしたいポイントです。