長く住むならUVコーティングをしよう|原状回復要らずに

施行当日の流れ

フロアー

まずはチェックから

フローリングの耐久性や耐水性をアップさせる「フロアコーティング」に、興味があるという方も多いのではないでしょうか。家は住み続けているうちに、どんどん劣化していきます。特に床は様々な傷がつきやすく、劣化が目立ちやすい部位です。フロアコーティングを施す事により、5年・10年経過しても美しい輝きをキープしやすいという魅力があります。フロアコーティングの施行の流れは、まず現場のチェックから始まります。施行を依頼した業者のスタッフに立ち会い、一緒に施行する場所の確認をするのです。この時、施工箇所に元々ある傷や、凹凸も確認します。立ち合い不要の業者もありますが、施工後のトラブルを出来るだけ避ける為には、一緒に確認を行いましょう。確認といっても、時間はわずか20分から30分程度です。立ち合いの確認が終わったら、コーティング作業前の準備を行います。コーティング剤がつかないよう、養生テープで保護をする、施工部位のワックスを剥がすといった作業が、フロアコーティングには欠かせません。この後、コーティング剤を塗っていくのですが、広さによって変わるものの薬6時間から10時間程度の時間が必要です。コーティング剤の乾燥が済んだら、養生テープなどを外していきます。最後に施行箇所の確認と、仕上がりのチェックを行います。気になる点が無ければ、お手入れ方法の説明を受けてフロアコーティングの施行は終了です。業者によって変わるものの、フロアコーティングはこのような流れで行われます。